アラサーBBAの海外一人旅ログ

もうBBAなんだから一人旅ぐらいしかないよね。

結婚?なにそれ?美味しいの?状態のBBA達へ綴る『海外一人旅推奨ブログ』

フィリピンで歯科矯正はじめました。1週目。

f:id:meeme0033:20181224121810j:plain

 

ついに装着しました!

我ながら、汚い歯並び・・・

恥ずかしい・・・

 

私の場合は、リスやウサギみたいな出っ歯なのです。

 

f:id:meeme0033:20181224121851j:plain

 

これがいやでいやで・・・

2年後には綺麗になると信じて頑張ります!

 

器具を装着するのにどれぐらいかかるの?

事前に歯医者さんに聞いたところ『3時間ぐらい』とのことでした。

実際にかかったのは4時間30分・・・

ながかった・・・・おかげで口の端が少し裂けて?数日痛かったです・・・

 

矯正の知識ゼロで行ったことに後悔。

フィリピン人から、しばらく痛いよー。何も食べられないよー。と脅されていたのですが、あまり実感がないまま歯医者へ。

 

日本と違い、事前に流れの説明等はありません。なすがまま状態。笑

まずは矯正器具、ブランケットと言われる小さい器具を歯に1つずつつけて行きます。

 

なにか特別なジェル的なものをつけてから、UVライトのようなものを照射して固めていく様子。

 

ジェルネイルの要領に近いかも。

 

痛いのかなーとビビっていた私は、まったく痛くなくて拍子抜け。

ちょっと寝てしまうほど、穏やかに進みました。

なにこれ余裕じゃん。と思っていました。笑

 

しかし、地獄はここからでした・・・

 

ブランケットを装着したら、1度休憩タイム。

 

そして奥歯にこれを装着するとのこと。

 

f:id:meeme0033:20181224123448j:plain

 

私の場合、顎が究極に小さくて歯並びが悪くなっているタイプの人間です。

なので、こんな器具がすっと入るほど余裕がないのです。

 

後でググって見ると、日本では通常青ゴムと言われるものを数週間挟んで、隙間を作るそうです・・・

 

私も青ゴムをいれましが、わずか10ぷんほど・・・

というかこの青ゴムすら入らない・・・

すんごい奮闘しました。

 

この段階で、口を無理やり開く器具をつけているので何も話せません。

 

すると、急にドリルを持ってブゥウウウウィイインと削りだす、歯医者!

 

 

ええええええ!なになになに!?!?プチパニック。

 

歯医者『ほんとは、削りたくなかったんだけど、あなたの歯はキツすぎて器具が入らない。削るしかないんよ。』と言いながら削り出す・・・

 

せめて削る前に教えてよ・・・

 

上下、4箇所に設置するのですが、全部の歯を削りました。

この時点で精神的ダメージと恐怖心が120を超えてHPがほぼゼロに・・・

それでも、なかなか入らない。装着できない。

 

もう、口を開ける器具も痛すぎて(小さいサイズがなくて、ほんとに痛かったんです。マスクとかも子供用がピッタシのサイズなので、大人用はキツイ・・・)

 

先生も4時間を超えて疲れてきている様子。

 

とにかく、全部装着し終えて、なんとか家へ。

この段階では、痛みはなく翌朝ごろから痛みが激しくなると思うよ。と宣言される。

 

じゃあ晩御飯でも食べるか。とパスタを食べようとした時に衝撃の事実がわかりました。

 

こいつが、自分の歯より高い位置で装着されているので。自分の上下の歯が触れない。

これは噛めないということなんです!

 

しかも一生懸命、噛んでいると右下の器具が取れてしまう・・・

するとワイヤーがビヨーンと行き先がなくなって、ほっぺたを攻撃するように・・・・

f:id:meeme0033:20181224123448j:plain

 

また、内側に装置の突起物があり、舌が触れていたい・・・・

食べれないし、話せない・・・

日曜日に装着したので、月曜日に歯医者に行って再調整してもらうことを決意。

 

月曜日の朝はおかゆを準備して貰って、なんとか食事を済ませる。

 

歯医者がいない

10時オープンなので、10時まで待っていざ歯医者へ。

するとなんと、歯医者不在。

明日2:30になったら来るからまた来いと追い返される・・・

 

火曜日の2:30に再来したところ、またもや歯医者不在。

えええ。土曜日にくるから土曜日に来いと言われる。

 

正直、それはムリだと必死に抗議!何も食べられないし、高さあってないし、ワイヤーは攻撃するし・・・

 

すると違うおじいさん先生がちょうど出勤してきて、みてくれることになりました。

 

必死に伝えて、改善してほしいところを伝える。

 

おじいちゃん歯医者『うーん、歯の隙間がキツイから削るしかないけど削っていい?』

私『えーできれば削りたくないなぁ・・・』

おじいちゃん歯医者『そうだよね・・・この装置を削って見るか』

 

装置を削ってくれて、なんとか装着完了!他の装置もすべて削って歯の高さに合わせてくれました。

 

また噛み合わせもしっかり見てくれて、噛めるように!

おじいちゃん歯医者に感謝!

 

ただ、歯が動いているときに出る痛みがまったくおさまらず、引き続きおかゆ生活・・・

これが12月22日のお話。

次は1月5日に来てね。と言われているので、またレポートします!